きれいな女性

まつ毛はホコリや異物・直射日光から目を守ってくれますが、それが不足したり不十分である状態をまつ毛貧毛症と呼んでいます。症状は今まで生えていたまつ毛が少なくなったり、まばらになります。まつ毛貧毛症の原因は加齢もありますが、体や皮膚の疾患・抗がん剤などの副作用によることが考えられます。最近は特にまつ毛へ関心を持っている人が多いですが、まつ毛エクステンションやつけまつげ・マスカラ・ビューラーなどを使ったりと、まつげのケアをする人も増えています。しかしこれらのケアが逆にまつ毛へダメージを与え、抜け落ちることもあります。

基本的にまつ毛は頭髪と同じで、一定の周期で成長しながら生え変わっていく仕組みです。この周期を毛周期と呼んでいますが、髪の毛は8年の周期ですがまつ毛は5ヶ月?1ヶ月という短さになります。そしてほぼ半分以上の期間が休止期になるため、まつげがダメージによって抜け落ちたり、切れたとしても髪の毛のようにすぐ伸びない特徴があります。このようにまつ毛が不足したり、不十分な状態になれば、まつ毛貧毛症の症状になります。

原因は人によって違いますが、頭髪や肌の対策と同じように質の良い睡眠をとったり、バランスの良い食生活を心がけます。ストレスをうまく発散して、正しい生活リズムを意識することで健康なまつげのサイクルになりやすいです。症状がまつ毛が不足していることや、極端に短い・細い・薄いというようなことがあり、まつ毛貧毛症である確率が高くなります。また病院などへ行っても精密機械を使っての検査などはなく、基本的に問診を中心にした診察が行われます。問診はまつ毛へ対して気になることや、メイク方法・生活習慣などを確認されることになります。

医師によりまつ毛貧毛症であることを診断されると、植毛したり治療薬で対応することがあり、まつ毛が生えやすい生活リズムにしていきます。まつげにダメージを与えるようなマスカラや、まつ毛エクステンションなどのメイク方法をしているときは、それを見直すことである程度は解決します。マスカラのクレンジングは専用の成分が穏やかなアイメイクリムーバーを使い、そっと優しく取り去ることが大切です。洗顔料は手のひらへしっかりと泡だて、泡を肌に乗せるように洗うことでまつ毛へ負担をかけることなく綺麗に洗うことができます。まつ毛エクステンションやまつ毛パーマ・マスカラなどまつ毛への刺激になるものは控えます。